top of page

​研究課題

research projects

研究テーマ Research themes

研究テーマ 

代日本における産地形成と青果物流通に関する研究

 

フィールド

瀬戸内地域(芸予諸島)

そのほか、静岡や和歌山、神奈川、九州地方、カナダ、台湾、中国東北部、イギリスなど、みかんの生産・流通・消費に関係する地域に関心を持っています。


キーワード

温州蜜柑 食文化 生食 加工品 産地形成 苗木 青果物輸出 植物検疫 害虫 北米 満州 青酸ガス 規格化 標準化 色彩

みかんの歴史の研究をしています。

畑を歩いたり,国内外のスーパーマーケットや市場を散策したりすることが好きです。食と農や,人びとの暮らしの歴史に関心があります。

​​専門は歴史地理学です。

最近は、生食用果実を前提とした果樹産業の成立過程を検討しています。

​太陽のように丸く、均一な着色状態で、病害虫の痕跡やキズがない、というみかんの自然な姿、あるべき姿はいかに生まれたのか、ということを明らかにしたいと考えています。

My research interests include production area formation and fruit and vegetable distribution in Japan during the modern period. I am particularly interested in the history of production, distribution, and consumption of mandarin oranges.

競争的資金 Grants

2024年4月-2029年3月

近代日本における「自然」で「害のない」果物の生産に関する研究

日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

研究代表者:豊田紘

課題番号:24K04436

2023年8月-2025年3月

近代における青果の生食需要と果物の「あるべき姿」の生成に関する研究

日本学術振興会 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

研究代表者:豊田紘

課題番号:23K18737

2020年4月-2022年3月

近代における日本産温州蜜柑の海外輸出―日本の「不吉な果物」はいかに北半球で食文化を形成したのか?―

2019年度食の文化研究助成

益財団法人味の素食の文化センター

研究代表者:豊田紘

2019年4月-2020年3月

近現代期における日本産温州蜜柑の海外普及―日本の「不吉な果物」がカナダの「聖なる贈り物」になるまで―

2019年度学術研究助成

公益財団法人アサヒグループ学術振興財団

研究代表者:豊田紘子

2018年4月-2019年2月

日本の温州みかん普及における小型農用船の寄与―瀬戸内芸予諸島における「みかん舟」の記録作成―

2018年度笹川科学研究助成

公益財団法人日本科学協会

研究代表者:豊田紘子

助成金 Fellowships

2023年6月

The 17th International Conference of the European Association for Japanese Studies参加への助成

​2023年度海外発表促進助成

公益財団法人日本科学協会

2019年11月

第3回日韓共同学術セミナー(ソウル,韓国)の渡航費​の助成

海外学術交流支援基金

歴史地理学会

bottom of page